ベストシーズンはいつ?季節で楽しむハゼ釣り入門

今回は初心者でもわりと簡単に釣れる魚、「ハゼ」を紹介したいと思います。

ハゼは日本全国に分布していて、数もあげやすいので、釣り未経験者の子どもや女性でも楽しむことができる種類です。条件が合えば入れ食い状態になることも多く、とりあえず釣りの楽しみを味わいたい方は、ぜひ入門種としてチャレンジしてみてください。

では、どうやればうまく釣れるのか。簡単にまとめてみました。

季節

ハゼはとても寿命が短く、ほとんどが1年で死んでしまいます。冬から春先にかけて卵を産みそのまま姿を消してしまうため、春は一番釣るのが難しいと言えます.。春から初夏にかけて生まれた子どもが成長する夏を待った方が賢明で、梅雨の時期から「デキハゼ」と呼ばれる小ぶりなものが釣れ始めます。

春に生まれたハゼの子どもたちも、この頃には10cm前後のサイズに成長しています。真夏はハゼが海から遡上し始めるので、浅瀬から河口にかけて狙っていきます。8月からがハゼの本格的なシーズンと言えるので、この辺りから大型の個体が釣れ始めます。

秋はハゼの最盛期となり、年間を通して数もサイズも狙える最適な季節です。河口周辺やもう少しのぼった中流辺りにも多く泳いでいて、20cm近い大型個体も数をあげることができます。水温が低下する10月末から11月になると徐々に海へ帰る個体が増えてくるので、河口付近で釣れなくなったら釣り場を海に移すと良いでしょう。

海へ戻ったハゼは深場にいることが多くなり、釣れにくい季節です。ただ、冬は脂の乗った20cm前後の大物が釣れることもあり、美味しくいただくなら冬がいいかもしれません。1~2月の真冬はほとんど釣れなくなるので、春同様にオフシーズンとなります。

時間帯

基本的には他のターゲット同様に、マヅメと呼ばれる朝夕の太陽が「出る」・「沈む」というタイミングがいいとされていますが、昼間でもたくさん釣れます。日中よりは釣れにくくなりますが夜釣りもできて一日を通して楽しむことも可能です。ただ、時間帯よりも潮の満ち引きの方が釣果に影響を与えやすいようで、満潮などの潮が高くなる時が狙い目と言われています。

釣り方

ルアー釣り

縄張りに入ってきた外敵を追い払う習性を利用して釣る方法です。ハゼのルアー釣りは「ハゼクランク」と呼ばれていて、バスロッドでも代用できるので人気の釣り方です。ハゼ用のクランクベイトを使って、着水後すぐに巻くだけなのでウニョウニョした釣りエサが触れない方にもおすすめです。

玉ウキ釣り

一番簡単な釣り方で仕掛けもとてもシンプルです。リールも使わないのでライントラブルなどもなく、初めての方でも扱いやすい点がおすすめです。ウキの動きでアタリを目で確認できるという点も初心者向きと言えます。エサはアオイソメを短く切るか、アカイソメをそのまま一匹使い、ウキがしっかり沈んでからアワセるようにします。

ミャク釣り

ウキ釣りのウキがなくなったバージョンのような釣り方で、より深いところのハゼを狙えます。ウキがないので竿に感じるアタリを頼りにしますが、仕掛けもシンプルでトラブルも少なく、仕掛けの既製品もあるので、自分では仕掛けが作れない初心者の方にも最適です。エサは玉ウキ釣りと同様です。

ちょい投げ釣り

リールを使うので遠くの深場を狙えます。着水したら糸を張るようにしてアタリを取ります。市販の仕掛けもあるので仕掛けが作れない方でも安心ですが、リールを使用して投げるという動作があるので、初めての方は少し練習が必要かもしれません。

まとめ

さて、今回は釣りの入門種「ハゼ」についてお話してきました。

比較的簡単に釣れて、なおかつ食べることもできるなんともうれしい魚ですね!これからのシーズン、ハゼ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

※現地へ行く前に必ず該当施設の管理及び運営者様へ現状の確認をお願いいたします。利用条件の変更やトラブル及びアクシデント等の責任は一切負いかねます。ご了承ください。
※掲載内容に誤りがある場合はお手数ですがコンタクトフォームもしくはTwitterのDMでご連絡いただけますと幸いです。