初心者でもクロダイが釣りたい!

私がクロダイ釣りを詳しく知ったのは、取引先のおじさんたちと海釣りに出かけた時でした。お互いの会社から釣り好きが数名ずつ集まり、クロダイの仕掛けについても、その時に色々と教えてもらいました。私たち若者チーム(当時)は、ルアーでイナダを狙っていたので、また違った仕掛けを見て興味を持ったことを覚えています。

さて、そんなことで今回は海釣りの大人気種“クロダイ”に関することをまとめてみたいと思います!

「クロダイの釣り方」と言っても、非常にバラエティーに富んでいて、エサ釣りには多様なパターンが存在し、さらにはルアーでも狙えます。こういった点が人気の理由とも言えるでしょう。今回は釣り方として人気の3種類をご紹介します!

・落とし込み釣り
・ウキフカセ釣り
・ルアー釣り

釣り方を紹介する前にクロダイの予備知識ですが、こいつらを“チヌ”と呼んだりもします。あえて別名で呼ぶとプロっぽさが出ますよね。

全長が70cmを超える大型の個体もいますが、釣りで上がるものは30cm程度が一般的です。河口などの汽水域にも姿を現すことがあり、水質の悪化にも強いので東京湾にも多く生息しています。

主に小魚や甲殻類、貝類を食べていて、釣りの際にはスイカを使って釣り上げることもあります。水質悪化にも強いということから、川に流されたスイカやトウモロコシなど、野菜の味を知っている場合もあるようです。

ではクロダイの釣り方について見ていきましょう!

落とし込み釣り

最初は落とし込み釣りです。

投げたりせず、名前の通り仕掛けを足元に落とします。

クロダイが堤防などの岸壁に付いた貝類を食べに来たところを狙う釣り方で、とくに夏が有効と言われています。これはエサとなる貝類が梅雨明けから多く付着しはじめる為で、この貝類を見つけてはその上から仕掛けを落としていきます。岸壁から20cm以内のギリギリを攻めるのがポイントです。

エサは売っているゴカイでもいいのですが、現地調達できるカニやイガイなどを使った方が効果的です。クロダイがその場で食べているものが一番自然ですからね。

仕掛け

【ロッド】ヘチ竿2~3m
【リール】タイコリール
【ライン】ナイロンライン2~2.5号
【サルカン】#20~22
【ハリス】フロロカーボンライン1.5~2.5号
【オモリ】ガン玉B~4B
【ハリ】チヌ針2~4号

タイコリールという落とし込み専用のリールを使います。他のリールと比べると軽くてシンプルな作りで、糸の調整は指で押さえることで行います。

リールの説明コラムはこちら▷【スピニング?ベイト?リールのタイプと選び方】

ウキフカセ釣り

撒きエサを使って魚をおびき寄せる釣り方です。他の釣り方に比べて必要な物が多いところは短所ですが、撒きエサによって一ヵ所に集めることで効率よく釣り上げることができます。

仕掛けを岸から5~10mのところに投げ入れ、ウキを目がけて撒きエサを3~5杯撒きます。撒きエサはオキアミとクロダイ用の配合エサを混ぜ合わせたものを使い、針にはオキアミを付けます。

仕掛け

【ロッド】チヌ竿5.3m
【リール】スピニングリール2500~3000番
【ライン】ナイロンライン2.5~3号
【ウキ】円錐ウキ3B
【サルカン】#20~22
【ハリス】フロロカーボンライン1.5~2.5号
【オモリ】ガン玉B~3B
【ハリ】チヌ針2~4号
【その他】ウキ止め/シモリ玉/からまん棒

円錐ウキはウキ止めとからまん棒の間を行き来して、シモリ玉はウキがウキ止めを抜けない為のストッパーの役割をしています。

ラインの説明コラムはこちら▷【釣り糸(ライン)の種類と選び方】

ルアー釣り

クロダイのルアー釣りは“チニング”と呼ばれ、春から秋にかけて汽水域や浅瀬に来たところを狙います。基本的には朝夕が釣りやすく、夜釣りも楽しめます。冬でも釣れないことはなく、大型個体を狙うなら冬、数を上げるなら夏が狙い目です。

トップウォーターにはホッパーやペンシルベイト、ボトム狙いにはラバージグ、低水温時にはワームを使用することが多いです。

仕掛け

【ロッド】チニングロッド7.6~8ft
【リール】スピニングリール2500~3000番
【ライン】PEライン0.6~0.8号
【ハリス】フロロカーボンライン3~4号
【ルアー】ホッパー/ペンシルベイト/ラバージグ/ワーム

ハードルアーの説明コラムはこちら▷【用途別!ルアーの種類まとめ】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ルアーで攻略!】チヌGAME!チニングSET 2B
価格:9900円(税込、送料別) (2019/4/8時点)

まとめ

どうでしょうか?自分に合っていそうな釣り方はありましたか?

イチから道具を揃えるのであれば好きな釣り方を選べますが、今持っている道具を流用したい人には、ウキフカセかルアーが合っているかもしれません。ウキフカセなら磯竿、ルアーならシーバスやブラックバス用のロッドも使えます。

初めて釣りをする方やお子さんであれば、ウキフカセがいいのではないかと思います。ルアー釣りは魚のいる場所を考えて投げなければいけませんが、エサを撒くウキフカセは魚が寄って来るので、本命のクロダイが釣れなかったとしても、別の魚が釣れることも多く、釣り自体の楽しみを体験しやすいはずです。

これから最盛期を迎えるクロダイ釣り!

今年はクロダイにチャレンジしてみませんか?

※現地へ行く前に必ず該当施設の管理及び運営者様へ現状の確認をお願いいたします。利用条件の変更やトラブル及びアクシデント等の責任は一切負いかねます。ご了承ください。
※掲載内容に誤りがある場合はお手数ですがコンタクトフォームもしくはTwitterのDMでご連絡いただけますと幸いです。